クルマの主な構成部品特集

densha01_l今日は本日はクルマの心臓とも言うべきエンジンをスムーズに動かすために必要不可欠なエンジンオイルについて豆知識を添えながらご説明いたします。

 
エンジンを動かすには勿論ガソリンやハイオクなどの燃料を消費してエンジンと言う重要な部品を動かします。
エンジンの中には特別なオイルがありそのオイルが、エンジンの性能を良くします。
品質の良いオイルを使えば燃費も良くなり、加速性能なども著しく変わってきます。
オイルの主な役目は潤滑、エンジンの金属がスムーズに動くのをサポートします。
次に冷却、エンジン内は高温になることがありますが主に摩擦などによる熱を軽減します。
そしてエンジンも金属出来ていますので錆止めの効果があります。
オイルを変えてあげればエンジン音も静かになりますので、快適に走行出来ます。
排気ガスも少なくなりとても環境にいいです。
これほどまでにエンジンオイルとても重要です。

 
そんなオイルですが沢山種類がありますので自分の愛車に一番適したオイルを探してあげて下さい。
オイル定期的交換するのがいいです。
オイルはずっと使っていると汚れてきて性能が落ちます。
交換の目安は走行距離が5000kmごとに交換するのが一番エンジンに適しています。

コメントは受け付けていません。