バッテリーの役割について

tel-support01_m

 

 

バッテリーは車にとっては欠かすことができない装置で、この装置が付いていないと様々なところで問題が発生します。この装置の大きな役割は蓄電池の仕事をしています。自動車はガソリンなどで動きますが、このガソリンで動く部分以外の部分は電池で動くようになっています。
 

まず、1つ目の大きな仕事が車の起動です。車を動かすためには最初にセルというモーターを動かします。このセルを最初に起動させるのには電池を利用します。このときに大きな仕事をしてくれます。セルを起動させてからエンジンを起動させるようなシステムになっているのが多いです。

2つ目は、エンジンが駆動していない期間の補助電源としての仕事があります。エンジンが起動しているときはそのエンジンの力を利用して発電して、さまざまなものを動かします。最近の車はさまざまなところに電気が利用されていて、ヘッドランプや窓の開閉、さらには車の鍵の開け閉めやカーナビゲーションといった自動車を動かすのには欠かせないものも電気で動いています。これらの機械をエンジンがかかっていない状態で起動させるために電池が必要になります。そのため、電池は自家用車に欠かせない設備になっています。”

コメントは受け付けていません。