クルマを構成する部品特集

自動車というものは実に多くの部品によって構成されています。

 
どれくらいの数があるのかと聞かれてすぐに答えられる人は普通のヒトデはまずい無いはずです。
モノは様々なパーツによって出来ているのは周知の事実で、大きくなればなるほどその数は増えていきます。
自動車ともなると、その数は膨大なものとなり、20000から30000ものパーツで構成されています。
具体的にどういうものがあるのかなと考えると、パット思いつくだけでも結構な数になるはずです。
クルマを走らせるのに必要なタイヤも重要なパーツですし、車の舵取りをするハンドルももちろん重要なパーツです。biss-tool01_l
車に座るためのシートもパーツですし、乗り降りするためのドアもパーツです。

 
そして、このように挙げていったパーツは、更に細かいパーツでできています。
タイヤ一つを取ってみても、ホイールがありますし、そのホイールを固定しているネジ一本一本も実に大切なパーツであるといえます。
車の大切なパーツといえば、なんといってもエンジンです。
エンジンも実に多数のパーツによって出来ています。大部分は専門家による整備が必須ですが、消耗品は自分で交換できるものもあるので、常によく点検するようにします。